blue days weblog

競馬の話

今日の競馬のジャパンカップ、運良くTVで見ることが出来たが、
見応えのあるレースだった。
昨年の三冠牡馬オルフェーブルを、今年の三歳三冠牝馬ジェンティルドンナがたたき合いの末、ハナ差で先んじて優勝。
直線での両馬の接触があり、審議にかなりの時間を要したが、結局着順はそのまま。

三歳牝馬がJCを制するのは史上初だそうだが、オルフェーブルが凱旋門賞帰りであることや、斤量を差し引いても彼女の強さは大したものだ。オルフェを突き飛ばしちゃったり、さすがディープインパクトの娘。海外挑戦にも期待したい。


d0162732_22293639.jpg

「Rolleiflex 2.8B Biometar 80mm F2.8 Rollei PAN 25」
[PR]

by speedstar-dhy | 2012-11-25 23:05 | ニュース
<< 秋の名残 フィナーレ >>